トップ

中性脂肪の値を下げる

中性脂肪が高いと言われた

中性脂肪の値が高い理由とは

世間では、働き盛りと言われる33歳。5年前に結婚し、妻と2人の子どもにも恵まれ、仕事も順調で昇格も見えてきたところ。

先日の健康診断で、中性脂肪が高いという結果がでてしまった。えっ!中性脂肪が高いとか言われるのって40代後半からだと思っていたのに・・・自分は、まだ30代前半。まだ中性脂肪を忠告されるには若すぎるのではないか。何かの間違いかな?とも考えたけれど、現実逃避は良くない。営業マンとして「数字は嘘つかない」と日頃から口にしている。この数値も現実でしかないわけで、こうなった原因があるのだろう。

最近お腹がでてきたことは気になっていたが、周りの同世代に比べると痩せていると思っていたので、特に気にしてもいなかったのだが。中性脂肪が高いと、一体どんなリスクがあるのか。そんな事もまともに知らない。まずはリスクを知ることが大事だと思い、調べてみた。

“動脈硬化を引き起こす、最大の危険因子が脂質異常症です。出典:中性脂肪が引き起こす病気とは | ヘルスケア大学

中性脂肪が高いということは、脂質異常症という病気だそう。血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールが増えてしまって、善玉コレステロールが少なくなる病気のことだそう。高脂血症ともいわれているらしい。自覚症状はないが、血液がドロドロになってしまって、それが生活習慣病の原因になっているということらしい。

まだまだ働き盛り。マンションも買ったばかり。妻と2人の子供も養っていかないといかない。こんな年齢で病気になんかになってられない!中性脂肪の値を改善するために、妻と共に情報収集をして、食事の改善と、サプリメントを取り入れ、実践をした結果を次のページから書いていきます。

Copyright © 中性脂肪が高いと言われた. All rights reserved.